type

IT技術者派遣の仕事情報サイト

トップページ > IT系エンジニアの派遣業務で活きる資格・有利な資格 > 

マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)


IT系エンジニアの派遣業務で活きる資格・有利な資格

マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)

マイクロソフトニンテイシステムエンジニア (エムシーエスイー)

システムエンジニア、ネットワークエンジニア の資格


マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)を活かせる派遣案件をご紹介します

※取扱企業や時期によっては案件をご紹介できない場合があります。

マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)とは

MCSE(Microsoft Certified Systems Engineer)はシステムエンジニアトラックの最上位資格です。マイクロソフトWindows Server関連の設計・実装スキルを持った専門性の高いエンジニアであることを示し、MCSE保持者はネットワークエンジニアとして高い市場価値を持ちます。

受験資格はありませんが、資格対象者は以下のような方になります。
(1)Microsoft Windows Server 2003 をプラットフォームとする中規模以上のコンピュータシステムについて、構築プロセス全般における業務経験がある
(2)マイクロソフトの製品・テクノロジを利用した業務ソリューションについて、計画、実装、分析などの業務経験がある。
(3)(1)、(2)のような業務を少なくとも 1 年以上経験している。

MCSE取得に必要なMCP試験数は7科目です。
・必須科目数: 6 科目
  クライアントオペレーティングシステム関連 1 科目
  ネットワークシステム関連 4 科目
  システム設計関連 1 科目
・選択科目数: 1 科目

typeのIT派遣で働こう!まずは無料登録から

マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)の資格データ

取得難易度 

試験資格がないので誰でも受けることができますが、専門性が高く難易度は比較的高いです。勉強期間は通常半年程度。合格率は未公表です。

資格取得にかかる費用 

受験費用として1科目15,750円、計110,250円必要です。その他参考書などを考えると少なくとも15~20万程度、多い場合は50万円ほどかかるケースもあります。

資格のお役立ち度 

経験者にとっては実力の証明になり、未経験者にとってはIT業界への転職に役立つ資格です。多くの企業がWindowsを導入しているため、ネットワークエンジニアとして即戦力であることが期待されます。



マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)が活かせる職種例

MCSE 資格は、マイクロソフト Windows OS および Server をプラットフォームとするインフラストラクチャの設計、実装スキルを持った専門性の高いエンジニアであることを証明するため、ネットワークエンジニアを中心とした職種で重宝されます。

マイクロソフト認定システム エンジニア (MCSE)が活かせる仕事をご紹介します

※取扱企業や時期によっては案件をご紹介できない場合があります。

▲ページトップに戻る

サーバエンジニアの資格



▲ページトップに戻る

Copyright c 2014 CAREER DESIGN IT PARTNERS All Right Reserved.