キャリアコーディネーター

新卒でSIerに入社。パッケージソフトの開発から運用まで幅広く携わる。自らの経験を活かし、エンジニアが理想のキャリアを描くサポートをするべくキャリアコーディネーターに転身。現在、開発系・インフラ系・事務系・クリエイティブ系を担当している。

キャリアコーディネーターとして心がけていること

スタッフさんのキャリアを長期的な目で見て、必ずしもすぐに弊社でご就業いただくことがベストとは限らない、というスタンスで臨んでいます。
例えば未経験からWeb系のお仕事に携わりたいという方がいらっしゃった場合、Photoshopを使う場面が一部発生する事務といった、働きながら無理なくステップアップできるお仕事をご紹介していきますが、今の仕事を続けながら、自分で勉強したり、スクールでスキルを身に付けてから改めてお仕事を探す方法も併せてご案内します。
定期的にキャリアについて相談でき、必要なタイミングでお手伝いができる。そんな存在でありたいと考えています。

印象に残っているエピソードについて

学生時代にマンガの執筆をされていたスタッフさんのエピソードです。面談当時は電子マンガ書籍の加工や背景描画などに携わっていらっしゃり、ゆくゆくはまた自分でマンガを描きたいという希望をお持ちでした。
ご希望に合いそうな求人をいくつかお見せしたところ、ゲームキャラクターデザインのお仕事が気になる様子でした。実は以前、自分でもその求人を見て応募したいと思ったものの、「キャラクターデザインの経験」が必要なスキルとなっていたため「自分には無理」と諦めてしまっていたそうです。 確かに必須スキルに当てはまるご経験はなかったものの、携わるゲームがマンガ原作であること、スタッフさんがPhotoshop・Illustratorの高度なスキルをお持ちだったことから、スキル的に問題ないと判断。仕事内容を詳しく説明し、スタッフさんのスキル不足に対する不安を丁寧に払拭することで正式にご応募いただくことができ、無事にご就業となりました。
ご自分では諦めていたお仕事にチャレンジする後押しができたこと、将来の夢につながるご紹介ができたことで、コーディネーターとしてのやりがいを感じた一件です。

転職を考えている方へのメッセージ

「スキルがないのに、こんな仕事がしたいと言ってしまっていいのかな・・・」と、コーディネーターに希望を伝えることを躊躇する必要はありません。あなたのやりたいことと、今できることをしっかりとお伺いした上で、その間にあるギャップを埋めるために何ができるか、一緒に考えて行きたいと思います。
スタッフさんにどうしたら喜んでもらえるかを考えている時が、仕事をしていて一番楽しい瞬間です。ぜひあなたのキャリアづくりのお手伝いをさせてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加