キャリアコーディネーター

ホテルスタッフとして接客を経験した後、英会話スクールでの受付・販売などを担当。英会話スクールではエリアマネージャーも務める。
現在はキャリアコーディネーターとして、開発系・インフラ系・事務系・クリエイティブ系を担当。

キャリアコーディネーターとして心がけていること

希望のお仕事は人によって様々ですが、やりたいことが明確な方ほど、それしか見えなくなっていたり、視野が狭くなってしまっていることが多いように感じます。”目先のやりたいことだけが叶うのではなく、長期的なキャリアを見据えた時、本当にこのお仕事でそれが実現できるのか”という視点でアドバイスするよう心がけています。ご自身だけでは気づけなかったことを提案させていただき、お仕事探しの視野を広げることが私達キャリアコーディネーターの役割だと考えています。

印象に残っているエピソードについて

未経験から開発系のお仕事を目指されていたスタッフさんのお話です。
直近は動画関係のお仕事をされていましたが、改めて将来を考えた時に今後は開発系のスキルを身につけていきたい、という希望の方でした。”未経験”であることにご本人もハードルを感じているようでしたので、これから目指す業界でも活かせる経験やスキルを整理し、丁寧にアピールポイントの対策を行いました。
その後、経験のあるExcel業務からスタートし徐々に業務効率化などで開発に携わっていける、希望通りのお仕事で就業が決定。これまでの経験も活かし、スムーズにお仕事が始められたと安心されていました。エンジニアとしてのキャリアスタートをお手伝いできたことを嬉しく思います。

転職を考えている方へのメッセージ

キャリアコーディネーターとの面談の時間は”面接”ではないので、例えば転職に対する不安や今のお仕事への不満など、ネガティブな感情も遠慮なくお話しください。現状の不満から、納得いただけるお仕事探しのヒントが見えてくると考えています。またネガティブに捉えていたことも見方を変えれば、ポジティブな表現に変わりむしろ自身の強みになる、なんてことも。どんな些細なことにもお仕事探しのヒントは隠れています。まずはフランクに、あなたの気持ちをお聞かせください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加