キャリアコーディネーター

新卒で入社。キャリアコーディネーターとして、開発系・インフラ系・事務系・クリエイティブ系を担当している。

キャリアコーディネーターとして心がけていること

ご本人の希望を丁寧に聞くこと、そしてお伺いした希望が自分の認識とずれていないか確認することを徹底しています。例えば「希望時給1600円くらい」と言われたとき、他の条件が叶えられれば1500円でも検討できるのか?最低1600円はキープしたいのか?本心では実は1700円がいいのかもしれない、など受け取り方は人によって様々。業務内容についても、同じことが言えます。普段はどんなメディアやコンテンツに興味があるのか、気になるお仕事の中でも優先順位はあるのか、など一つ一つ丁寧に掘り下げて、その方の意図していることを同じ認識で受け取るように気を付けています。
少しの認識のずれが積み重り、納得いただける求人がご紹介できないなんてことにならないよう、”自分の思い込みで進めてしまっていないか?”は常に意識しているポイントです。

印象に残っているエピソードについて

Webディレクターとして半年ほど実務を経験され、今後さらなるキャリアアップを目指されている方が面談に来られました。
スキルアップは望むものの業界や条件面も気になり、お仕事探しの軸を迷われているご様子。ご本人の今後なりたい姿をお伺いし「まずは制作会社などで幅広く経験を積むことがご自身のためになるのではないか」というアドバイスをさせていただきました。当時はタイミングよく希望に合う求人がなく、最終的には他社様で就業が決定。今は自社内で様々なプロジェクトに携わりスキルの幅を広げているとお伺いし、納得できるお仕事探しのお手伝いができたことを嬉しく思います。
今も”この資格は取った方が良いですか?”などご相談いただいているので、継続的にキャリアアップのサポートができたらと思います。

転職を考えている方へのメッセージ

まずは希望や夢、やりたいことなど自由にお聞かせください。その中で、キャリアコーディネーターだからこそ分かる情報をお伝えしたり、目標に向けた方向性の修正をしていくのが私達の役割です。最終的にはご自身で決定していたくことが、納得できるお仕事探しのうえで大切だと考えています。ただ求人を紹介するだけの人ではなく、希望が実現できる方へ導き、迷った時には後押ししてあげられる、そんな存在でありたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加