サポートエンジニア

派遣という働き方で、転職時に求めていた理想の仕事に就くことができました。

工藤 康雄(くどう やすお)さん

工藤 康雄(くどう やすお)さん
【職種】サポートエンジニア
【就業先】外資系大手ITベンダー
【前職】ハードウェアのサポート業務、システムエンジニアなどを経験

派遣という働き方を選んだのは、なぜですか?

派遣として働くのは、今回が初めてです。以前は正社員でシステムエンジニアとして働いていたのですが、カットオーバー後、クライアントへのサポートに後ろ向きな会社の姿勢に疑問を感じ、転職を決意しました。正社員として働くのであれば、次の会社は慎重に選びたいと考えていたところ、ちょうどtype IT派遣で興味のある職種の募集が。雇用形態に関わらず、今後のキャリアにプラスになる経験が積めることを重視しました。

なぜtype IT派遣を選びましたか

元々type IT派遣は対応のよい会社で、お世話になりたいと思っていたものの、その時はすぐに前職での就職が決まったため、就業には至りませんでした。その後、たまたま転職を考えていた時に、タイミングよくtype IT派遣のコーディネーターの方から興味を持っていたベンダーで募集があると連絡をいただきました。そこからトントン拍子に就業が決まっていったという感じでしたね。数日の間でいつの間にか決まっていました(笑)。type IT派遣で登録後、他社で働いている間も様子を気にかけてもらい、タイムリーにお仕事の案内をいただけたのがよかったと思います。

現在のお仕事内容を教えてください

外資系の大手ITベンダーにて、クラウド系の法人向けテクニカルサポートを行っています。サポート内容は製品の仕様からトラブル対応、新機能に関する問い合わせなど、本当に様々です。
単純に質問に答えるのではなく、その質問の意図やバックグラウンドまで考慮しなければならないのが、この仕事の面白さであり、難しさでもあります。例えば、クライアントからログの出力方法を聞かれたら、ログの出し方を回答して終わりにするのではなく、そもそもなぜログを出したいのかを尋ねます。普段は開くことがないログを開きたいというのは、何かそこに問題があるはずだからです。クライアントの真の課題が何かを探り、解決策を提供する。こうしたサポートのクオリティも、最終ベンダーとしての信頼感の構築につながっていくと考えて取り組んでいます。
この企業には、現場に向かうサポート担当者や営業担当など、役割の枠を超えてワンチームで課題の解決に当たる文化があります。クライアントファーストであることは、まさに私が転職時に企業に求めていたもの。先日もあるクライアント向けの部署横断ミーティングに参加したところです。理想に近い職場で働けていることを、仕事を通して実感しています。

type IT派遣に対する印象を教えてください

コーディネーターや営業の方には、仕事の状況はもちろんですが、プライベートの話もよくしています。家族にもtype IT派遣の方の話をすることもあり、小学生の娘は、実際には会ったことはないんですが、私を通してコーディネーターの方とやりとりをするぐらい、親しみを感じているようです(笑)。
特に困ったことがなくても、気軽に連絡ができる関係です。職場の状況なども常に把握してもらっているので、安心感がありますね。自分が就業している会社を目指す方の参考になるような情報を、私からも営業・コーディネーターの方にお伝えしていくことで、type IT派遣の仲間を増やして行けたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加