システム開発系エンジニアにおすすめの資格

PMP

プロジェクトマネジメントの専門知識を有していることを証明するために、米国PMI(Project Management Institute)が認定する資格です。
システム開発計画を円滑に運営する責任者、いわゆるプロジェクトマネージャが対象となります。プロジェクトマネジメント経験が受験資格となり、プロジェクトマネジメントに関する知識、理解度を試験します。PMPの人気は世界的に非常に高く、資格受験者は年々増加を続けています。資格の維持にはプロジェクトマネジメント協会が定めるポイントの取得が定期的に必要となるため、資格の価値が落ちないことも魅力のひとつです。

資格データ

取得難易度や費用、役立ち度をお伝えします。

難易度
3
受験資格として、プロジェクトマネジメント経験・研修の受講が必要となります。また、試験の難易度も高めです。
取得費用
3
取得費用は20万円~40万円、その後の維持費用も年間最低6万円が必要となります。
役立ち度
4
名刺へのPMP称の記載が可能となり、どの業界、どの国でも、アドバンテージとなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加