ネットワーク・サーバ系エンジニアにおすすめの資格

マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP)

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)は、マイクロソフト製品の実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通資格です。
MCP認定プログラムのいずれか1科目に合格するとMCPとして認定されます。マイクロソフトが認定している資格の中ではもっともベーシックな資格であり、マイクロソフト製品に精通し、その活用やユーザーサポートなどが行えるレベルが基準となっています。 また、資格取得者は特典としてMCP メンバー サイトにて、最新のマイクロソフトの技術と製品情報にアクセスすることができるようになります。

資格データ

取得難易度や費用、役立ち度をお伝えします。

難易度
1.5
マイクロソフト系ではもっともベーシック。試験の回数も多く、比較的取りやすい資格です。
取得費用
2
受験料は一回1,5750円。スクール・講座で学ぶ場合は別途数万円前後の費用がかかります。
役立ち度
1.5
実務に役立つというよりは上位資格の登竜門的な存在です。専門性を高めるならより上位資格を目指しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加