運用サポート系エンジニアにおすすめの資格

基本情報技術者

高度IT人材となるために必要とされる基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた人を対象とする国家試験です。
一般的には、プログラマ向けの能力認定試験との位置づけです。 セキュリティやシステム、アルゴリズムなどの知識も修得できるため、幅広くIT知識を身につけるには最適な資格と言えます。 情報関連企業に勤務する人はもちろん、IT化が進む一般企業でも、 取得の奨励・入社条件としているところがあります。 受験資格は特になく、申し込みをすれば誰でも受験が可能です。 試験日は年に2回開催されており、例年であれば4月の第3日曜日と10月の第3日曜日に開催されます。

資格データ

取得難易度や費用、役立ち度をお伝えします。

難易度
1.5
合格率は20%前後となっていますが、受験資格もなく、独学で取得可能であるため、取得は容易です。
取得費用
1
受験料は5,100円で、高価ではありません。また、独学での合格も可能。テキスト代がかかるくらいです。
役立ち度
1.5
国家資格であることや、基本ができることへの証明になるため、もっていればプラス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加