キャリアコーディネーター

IT領域を専門としたキャリアコーディネーター歴が長い。現在も開発系・テクニカルサポート系・インフラ系エンジニアを担当している。

キャリアコーディネーターとして心がけていること

面談は、スタッフさんにとって何が一番大切なことなのかを一緒に確認していく場として考えています。ご自身では勤務地が最優先だと思っていても、お話を進めていくうちに、実は仕事内容にこだわりがあって、勤務地は二の次だった・・・などの気付きがあるケースも少なくありません。
スタッフさんと価値観を共有することで、最適なお仕事をご紹介していきたいと思います。

印象に残っているエピソードについて

業務系からWeb系の開発にキャリアチェンジをしたいという若手エンジニアがいらっしゃったときのことです。開発の経験も1年程度で、通常であればご希望通りのお仕事では紹介が難しいケース。ですが、ご自分でコードを書いて勉強をしたり、非常に成長意欲の高い方でしたので、ぜひこの方のお手伝いをしたい!と思い、勉強の内容や、仕事に対する意気込みを企業に対してアピールしました。その甲斐があり、また企業側でも若手の育成に時間が取れる環境が整ったタイミングだったとのことで、トントン拍子に就業を決められたのは印象深いですね。
その後、その方は就業先で成果を出し、現在は直接雇用に切り替えてお仕事を続けられています。

転職を考えている方へのメッセージ

残業のない職場で勉強時間を確保したい、子育て中、開発に専念したいなど、派遣という働き方を選ばれる理由は人それぞれ。その方が大事にしていることを叶えるお仕事探しのお手伝いができればと思います。希望条件は、私たちコーディネーターや営業担当が、スタッフさんと企業の間に立って調整することも可能です。プライベートなお話も交えながら、ざっくばらんにご希望をお聞かせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加