紹介予定派遣

紹介予定派遣とは

まずは派遣会社と雇用契約を結び、一定期間派遣スタッフとして就業します。その後、派遣スタッフと就業先企業の意向を派遣会社が確認し、双方が合意すれば、派遣契約期間終了後に、就業先企業の正社員や契約社員などの直接雇用に切り替わる仕組みです。

紹介予定派遣 紹介予定派遣

紹介予定派遣のメリット

企業との相性を確認できる

紹介予定派遣の一番のメリットは、「自分と相性のいい企業で働きたい」個人と、「いい人材を採用したい」企業が 、お互いを見極められる期間があること。入社前に、実際の仕事内容や環境、雰囲気を体験できるため、入社後に「待遇・条件が違っていた」「自分に合わない」「スキルが活かせない」というギャップを少なくすることができます。

派遣会社が間に入って交渉します

派遣期間については、type IT派遣が、企業と個人の間に立ってサポートをします。求人検索や仕事探しのアドバイス、企業との交渉などを行わせていただきます。効率よく就職活動をすることができるため、転職が初めての方も安心です。また、第二新卒の方にもオススメの働き方です。

紹介予定派遣のデメリット

企業と個人の意思が合わないこともあります

紹介予定派遣での派遣期間が終わる1ヶ月前に、働く個人側と採用する企業側の意思確認が実施されます。個人側の「この会社で社員として働きたい」という意思と、企業側の「この方なら社員として採用したい」という意思が合致すれば、派遣期間終了後、晴れて直接企業の社員として新たにスタートを切ります。ただ、個人側、企業側のいずれか、または双方が合意に至らない場合は、社員に登用されることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加