キャリアコーディネーター

新卒で入社。キャリアコーディネーターとして、開発系・インフラ系・事務系・クリエイティブ系を担当している。

キャリアコーディネーターとして心がけていること

スタッフさんが希望条件を”短期的な視点で選んでしまっていないか?”という点は常に意識しています。例えば在宅勤務を希望されていた場合、理由が”目先のなんとなく”で選んでしまっていたとしたら、”長期的な視点”ではマイナスの結果を生みかねません。もし将来的にもずっと在宅勤務で働き続けることを希望するのであれば「在宅勤務でできる簡単なお仕事」より、今は「出社勤務でもスキルを磨けるお仕事」を選択することが理想のキャリアに繋がるかもしれません。スキルがあれば在宅勤務で選べるお仕事の幅が確実に広がります。
もちろんこれは在宅勤務に限った話ではなく、すべての条件に言えることです。優先するものは人それぞれですし、最終的に選択するのはスタッフさんご自身です。しかし10年後、20年後に後悔しない選択をしてもらえるよう、長期的なキャリアを見通した提案を心がけています。

印象に残っているエピソードについて

若手エンジニア(20代後半)の方の転職サポートをできたことが印象的です。知り合いのご紹介で面談に来てくださいましたが、基本的には正社員での転職を希望される方でした。しかしお話をお伺いすると「自分のやりたい業務内容で転職したい、特定の目指すスキルを身に着けたい」という意思が強く、それならばまさに派遣で叶えられる!と確信しました。ご本人も懸念されていたのですが、正社員では入社後に希望業務だけを任せてもらえるとは限りません。その点派遣では事前にお任せする業務内容・開発環境・労働条件などが明確に決められています。求人をご紹介させていただく際も、どこの会社の何のプロジェクトで、どんな環境で何のスキルが身に着けられるのか、就業後の姿をイメージしてもらえるよう詳細にご説明しました。最終的に、未経験の開発言語にチャレンジできるご紹介した希望通りのお仕事で就業が決定。派遣の良さ、派遣だからこそできることをしっかりご理解いただき、妥協のないスキルアップの道を選択いただけたことを嬉しく思います。

転職を考えている方へのメッセージ

明確な理由がなく”とりあえず正社員”に絞ってお仕事を探されている方が多いように感じます。特にITやクリエイティブ業界の技術職では、未経験から正社員で働くハードルを感じ諦めてしまう方も少なくないでしょう。しかし目的が定まっているのであれば、”派遣”でもその夢を実現することは十分可能です!漠然とした不安から”雇用形態”に縛られてキャリアを諦めるのではなく、実現させる方法を一緒に探しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加