日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフトの中でも、type IT派遣のスタッフが数多く活躍しているエンタープライズプラットフォームサポート。マイクロソフト製品に関する企業向けの技術支援を行うチームです。同チームで働くエンジニアが目指せるスキルアップについて、語っていただきました。

(写真左から)CSSビジネス統括本部 シニアテクニカルアドバイザー 山﨑 雅史様、CSSビジネス統括本部 エスカレーションマネージャー 大山 恭生様

日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズ分野でのさらなる拡大を目指し、技術支援部門ではサービスライン全体の拡充をはかり、積極的な受入れを行っています。

マイクロソフトならではの、技術力を高められる環境について教えてください。

勉強会やWeb上でのトレーニングが充実していることは、特長のひとつです。社員・派遣スタッフの区別なく、自由に参加ができ活用されています。マイクロソフト製品はもちろん、ネットワーキングやOSなどベーシックなものまで、内容は多岐にわたります。
また、マイクロソフトで働くことで、特定分野のとがった知識を持ったスペシャリストになれた、という話はよく聞きますね。製品毎にチームが分かれており、業務を通じて専門性が高い知識が身につくからです。SIerさんなどでは、ジェネラリストとして働くことを求められる傾向が強いと思うので、エンジニアとして専門性を持ちたいという方には、刺激的な環境ではないでしょうか。
そして、意外に思われるかもしれませんが、サポートの仕事を通じて、製品やサービスを選定する力も身につきます。なぜなら、私たちは検証のために、お客様と同じ環境を構築します。その過程で、様々な環境を体感するため、多くの製品を知る機会があり、製品の選定スキルを磨くことができます。こうしたノウハウは、資料や書物などでまとまっているわけではないので、マイクロソフトでしかできない経験だと考えています。

マイクロソフト製品に携わったことがなくても、働ける可能性はあるのでしょうか

よく質問をいただくのですが、もちろんご活躍いただける可能性があります。今までマイクロソフト製品に触れる機会がなくても、これから学ぶ意志があれば大丈夫です。
それよりも私たちが大事にしているのは、「技術にふれるのが好き」「お客様とのコミュニケーションには自信がある」など、なにか得意なものがあるかどうか。人は誰でも自分の好きなことに対しては、一生懸命にも夢中にもなれるもの。サポートの仕事においては、「技術」と「コミュニケーション」が非常に大事になりますから、両方が揃っていなくても、いずれかに自信があるという方には、ぜひ来ていただきたいです。まずは、自分の得意分野の入口からマイクロソフトに入り、可能性を伸ばしていってください。

マイクロソフトに興味を持っている方に、メッセージをお願いします。

マイクロソフトを成長の場として、活用していただきたいと考えています。そのために私たちができることは、惜しまずアクションをとっていきます。マイクロソフトで働くことが、人生の糧になるような、そんな関係性を築きたいと考えています。
マイクロソフトの派遣スタッフは、正社員に負けず劣らずの活躍を見せており、非常にやりがいのある職場です。私たちの仕事は、技術を売っているのでも教えることでもなく、「マイクロソフト製品を使っているお客様のビジネスをサポートする」こと。そのゴールを一緒に目指せるあなたを、お待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加