Column

転職に役立つ情報

ホーム > 転職に役立つ情報 > 人間関係を理由に転職したい!退職の判断基準からに転職先で良好な関係を築くコツまで

人間関係を理由に転職したい!退職の判断基準からに転職先で良好な関係を築くコツまで

人間関係を理由に転職したい!退職の判断基準からに転職先で良好な関係を築くコツまで

目次

「人間関係」で退職する人は非常に多い

人間関係
退職する人にはそれぞれ様々な事情がありますが、「人間関係」を理由に辞める人は少なくありません。厚生労働省が公表している令和2年雇用動向調査によれば、退職理由として「職場の人間関係が好ましくなかった」と回答した人が全体の13.3%を占めています。これは給与などの労働条件や、仕事内容に関わる理由よりも多い割合で、人間関係を理由に退職を決めることは珍しくないということが分かります。

職場でよくある人間関係に悩む8つの原因

転職理由にまでなり得る「人間関係」の悩みとは、具体的にどんな場面で発生するのでしょうか?よくあるパターンを大きく8つに分類してご紹介します。

社風・ノリが合わない

同じ業界やサービスを扱う会社でも、企業ごとに社員の雰囲気や社風はバラバラです。「社長がワンマンで意見を出せない」「体育会系の職場で上司や先輩の権力が強すぎる」などの状態が定着している職場では、居づらさや環境にストレスを感じてしまうかもしれません。社風や職場の雰囲気は、言葉や数字で表しづらいものだからこそ、入社後のミスマッチが起こりやすいポイントと言えるでしょう。

公平な人事評価がない

「あの人より自分の方が結果を出しているはずなのに、正当に評価してもらえない…」事実はどうあれ従業員がそう感じてしまうような人事評価制度も、人間関係が上手くいかない原因になります。会社の評価の仕組みそのものに対する不満だったとしても、自分より優遇されて評価されていると感じる相手がいた場合、その人への不満が募ったり、イライラやストレスとなり悩みの原因となることもあるでしょう。

教育制度が整っていない・教育放置がある

設立年数が浅い企業や、人数規模が小さい会社では、新人の教育制度が整っていないことも珍しくありません。それでもメンターや教育係がついてくれる場合は問題なく仕事を覚えられますが、誰にも聞ける環境がなかった場合、悩みの原因となることもあるでしょう。分からないことがあっても誰に聞いていいか分からない、みんな忙しそうで聞きづらい、といった状況では、仕事を覚えられないことに対してストレスが積み重なってしまいます。

年齢・性別に偏りがある

先輩との年代が離れすぎていると、性格の合う合わないは関係なしに話題に世代間のギャップを感じたり、ちょっとした雑談でも気を遣うことがあります。年齢が近い先輩になら話せる内容も、年齢が離れすぎている先輩にはなかなか相談しづらかったりもします。何年かに一度しか新卒を採らない会社などでは良くあることですが、社員構成の年齢がいびつに偏っていると、人によっては居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

コミュニケーション不足・孤独感がある

「会社に来ているのに、1日誰とも話していない…」「社内に信頼できる人がいない」など、孤独感を味わったことはありませんか?もし感じたことがあるなら、それらは全てコミュニケーション不足が引き起こしているかもしれません。なるべく人と関わりたくない方は気楽に感じるかもしれませんが、コミュニケーションがほとんどない職場は多くの人にとってストレスが溜まる環境と言えるでしょう。コミュニケーションの取り方や雰囲気は会社ごとの社風によるところが大きく、職場自体を変えないと解決が難しいことも珍しくありません。

公私混同が激しい

会社の同僚や先輩と仲が良すぎることも、かえって人間関係の悩みのたねになってしまうことがあります。会社の飲み会が頻繁にあったり、休日やプライベートで会うほど仲が良い職場では、ついつい仕事以外のコミュニティの時間やプライベートな時間が削られがちです。みんな悪意なく誘ってくれていることが分かるからこそ、会いたくない気分の時でも断りづらいこともあります。職場の仲が良いに越したことはありませんが、自分にとって心地良い距離感をつかんでおかなければ、後々関係性に悩むことになるかもしれません。

嫌がらせ・ハラスメントを受けている

組織に属して人と一緒に仕事する上では、ノリが合う人と合わない人がいるのは仕方のないことです。しかし明らかに嫌がらせを受けていたり、何らかのハラスメントに該当する場合は転職理由にもなりかねません。ハラスメントを見極めるのは一見難しいですが、過剰に威圧的な態度などで接せられた場合、パワハラやモラハラを疑ってもよいでしょう。他にも、無視される、暴言を吐かれる、お気に入りの社員ばかりを評価する、仕事を押し付けてくる、プライベートのことをしつこく聞いてくる、などが被害の一例として挙げられます。このような状態が続くようであれば、人間関係の見直しや転職による環境変化を検討してみても良いでしょう。

自分の性格・人との接し方に問題がある

もし人間関係が理由で転職が続いていたり、プライベートでもトラブルが多いと感じているなら、原因が自分自身にある可能性を疑ってみましょう。もし本当にトラブルの原因が自分自身にあったなら、何度転職をしても同じことを繰り返してしまいます。人間関係のトラブルを起こしやすい人の性格の特徴としては、「プライドが高すぎる」「仕事だと割り切れない」「すぐ不安になる」「自分を過大評価しすぎている」などが挙げられます。これらに少しでも自覚する症状が当てはまったら転職を決める前に、自分自身の考え方や身の振り方を見直してみる必要があるかもしれません。

人間関係を理由に退職すべきか見極める4つのポイント

人間関係
職場で人間関係に悩んだら、真っ先に”転職”という選択肢が思い浮かぶ方も少なくないはず。しかし、どの職場でも人間関係に悩む可能性はあり、今の職場を辞めずに解決を図るほうが自分にとって良いこともあります。転職は快適な仕事環境を確保するための1つの手段ですが、人間関係を理由に転職に踏み切っていいものか、なかなか判断が難しいのも事実です。退職するべきか、一度踏みとどまって再考するべきか、判断する時のポイントを4つほどご紹介します。

時間の経過や人事部の介入などで解決の余地があるか

もしその問題が一時的なものだとしたら、時間の経過によって解決できる可能性があります。また時間の経過による改善が難しい場合でも、組織変更や人事異動などが叶うのであれば、部署やプロジェクトを移ることで解決できるかもしれません。特に個人間の人間関係の問題では、その人と離れることで改善することも珍しくないので、人事部に相談して理由と希望を伝えることで何かしら対処してくれる可能性が高まります。

退職・転職によって問題が解決するか

人間関係のトラブルの原因を自分自身が抱えていたとしたら、退職や転職は根本的な解決にはなりません。いま悩んでいる問題が環境ではなくて自分のせいなら、転職しても同じことを繰り返すだけでしょう。もし心当たりがあるなら、転職を決断する前に信頼できる第三者に相談することをおすすめします。自分では気づいていなかった問題が見つかるかもしれません。その問題が転職や退職することによって解決できる問題なのかは冷静に見定める必要があります。

人間関係以外の条件で現職に満足しているか

人間関係の悩み以外に、残業が多い、職場が遠すぎる、年収が低いなどの労働条件にも満足していないのであれば、転職を前向きに考えてみると良いでしょう。しかし、慎重に検討しなければならないのは、人間関係の条件以外には不満がない場合です。もし人間関係だけを理由に勢いだけで転職先を決めてしまうと、「前の職場よりも労働条件が悪かった」「年収が思ったより下がった」など環境以外のミスマッチが起こるリスクがあります。人によって重要視する点は異なるものの、働く上で年収や労働条件は人間関係と同じくらい重要です。人間関係だけに注目していると条件面を疎かにしてしまうことがあるため、その点でミスマッチが起こらないよう慎重に検討する必要があります。

心身の不調が出ているか

過度なストレスは精神的にも身体的にも様々な悪影響を及ぼします。ストレスが原因で発症する症状の例は下記で紹介する通りです。もしこれらの症状を自覚したら、事態が深刻になる前に信頼できる周りの人や、医者やカウンセラーなどの専門機関に相談しましょう。次の職場が決まっていない状況で仕事を辞めることはリスクになりますが、身体が壊れてしまっては元も子もありません。現職での環境改善が見込めないのであれば、転職も視野に入れて検討しましょう。
<初期段階>
胃がもたれる/頭が重い/目が疲れる/肩こりがある/背中や腰が痛い/朝すっきりと起きれない/立ちくらみがある/夢をよく見る/風邪が長引く、微熱が続く/顔や体に湿疹が頻繁にみられる
<慢性化した段階>
疲れやすい/抑うつ気分が続いている/食欲不振や過食、拒食/興味や喜びを感じなくなっている/眠れない、または眠すぎてしまう/考えて決断できない/罪悪感をいつも感じている/集中力がない/気持ちが焦り、イライラしやすい/自殺を考えることがある

転職を決める前に!退職前にできることは?

人間関係の悩みを解決するには転職が手っ取り早いですが、転職先で必ずしも良好な人間関係を築けるとは限りません。場合によっては「転職しなければ良かった…」なんてことになる可能性もあるでしょう。人間関係に悩んでいたとしても、転職を決める前にできることがないか一度考えることも必要です。以下で挙げる4つのアックションについては、退職前に実行することをおすすめします。

社内外の信頼できる人に相談する

自分の中だけで抱え込んでいると深刻に考えがちですが、悩みを第三者に打ち明けることで解決できることがあります。人に話すことで、自分の努力や工夫で改善できることなのか、どうしようもならないことなのかが整理でき、漠然とした不安をなくすことができます。転職することで解決できるのか否かを、冷静に考えられるようになります。

人事部に相談する

会社の制度上異動などが難しい場合でも、問題の原因となっている相手に会社から指導が行われるなど、人事部に相談することで何かしら対処してもらえるケースがあります。特にパワハラやセクハラ関係で悩んでいる場合は、早急に人事に相談することをおすすめします。

異動・転勤を希望する

個人間での問題は部署やプロジェクトの異動で解決できることがあります。もし人間関係以外の環境に満足しているのであれば、転職を考える前に異動や転勤の希望をだすことも検討しましょう。特に個人間の人間関係に悩んでいる場合は、その人と離れることで改善するケースが多くあります。

自分の考え方・行動を変えられないか思案する

仕事をする上では、考え方や価値観の合わない人とも付き合わなければなりません。それはどこの職場でも同じことです。100%自分が納得できる環境で働けることは珍しく、割り切らなければならないシーンも少なからず発生します。そのことを理解して、周りを変えるのではなく自分自身の行動や考え方を変えることで、今の環境やストレスが緩和できるかもしれません。また相手に過度に期待せず、必要以上に関わらないことも場合によっては必要となるでしょう。

転職を決めたら!人間関係が良好な職場の特徴

人間関係
人間関係が原因で転職するなら、雰囲気が良くて良好な人間関係を築ける職場を選びたいですよね。しかし、職場の雰囲気は求人票だけで読み取ることができないため、転職活動の時に何をポイントに見分ければ良いのか、分からない方も多いはず…。そんな方に参考にしてほしい”人間関係が良好な職場にありがちな特徴”について以下でご紹介します。職場選びに迷った際はこれらのポイントに注目して判断してみてください。

従業員の表情が明るい

どういった姿勢で仕事に取り組んでいるのか、一番よく表れるのは働く人たちの表情です。面接官や人事、社員面談で会う現場の人、面接などでオフィスに出向いた際にすれ違う人たちの表情からも、感じ取れるものがあると思います。表情が明るい人が多いと感じたら、その企業の職場の雰囲気は活気があって明るいものだと想像することができるでしょう。

従業員同士の挨拶・会話量が多い

挨拶をする文化が根付いている会社には活気があり、会話量は従業員同士の仲の良さと相関して考えることができます。役職や立場に差があっても雑談が交わせるような職場では、雰囲気良く仕事ができる環境が整っていると言えるでしょう。

従業員の年齢・性別がばらけている

年齢層や性別に偏りがある職場では、世代や性別ごとに独特の人間関係が築かれやすく、自分がその層から外れていたなら居心地の悪さを感じることがあるかもしれません。また同じ世代、性別の人が多くいたとしても、そのコミュニティと感覚が違えば、孤立感を覚えることもあるでしょう。
適度に年齢や性別が均等にばらけている職場の方が、偏りなくフラットで健全な人間関係が築かれる傾向にあります。

オフィス内に清潔感がある・整理整頓されている

仕事をする環境は精神状態にも大きく影響します。清掃が行き届いておらず清潔感がなかったり、書類や物で溢れかえっている環境では、働く人の心も荒れていきます。イライラしたり不快感が募ると、自然とコミュニケーションにも悪影響を及ぼし、職場の人間関係もぎすぎすしてしまうことがあるでしょう。職場の清潔感は、人間関係にも影響すると言えます。

心身の健康に配慮する制度がある

定期面談・アンケート・メンタルヘルス対策など、従業員の心身にも配慮した制度がある会社は、健全な人間関係が築かれていることが多いです。”働きやすさ”を実現する「安全配慮義務」がしっかり果たされいる会社では、従業員は安心して働くことができます。そのような職場では、少なくとも企業への不安や不満からくる人間関係の問題は生まれにくいと言えるでしょう。職場の雰囲気は従業員一人一人の空気が合わさって形成されます。それぞれが不安なく健康的に働ける職場では、自然と雰囲気や人間関係も良好になっていくでしょう。

成果が認められる客観的な人事評価制度がある

「あの人より成果を残しているのに評価されない…」「上司と仲のいいあの人はひいきされている…」というような人事評価制度に対する不満は、個人間はもちろん組織内の人間関係も悪化させかねません。評価基準が明確化されていて、正当に評価されていると感じられる環境があることや、社内表彰制度などは従業員のモチベーションにも繋がり、お互いをたたえ合うような社風にも影響します。人為的ではないITツールの導入なども利用して、システムチックに判断する仕組みを設けると、評価制度に透明性を持たせることができます。

人材育成に力を入れている

人材育成とは、企業にとって社内の重要な資源ともいうべき人材を、社内外のあらゆるリソースを活用しながら育てることを言います。研修制度や福利厚生の充実は従業員の働くモチベーションをあげ、社員間のコミュニケーションの活発化も期待できるでしょう。

前職の退職理由は「ポジティブな表現への言い換え」が基本

人間関係
面接で聞かれる質問項目で「転職理由」は、多くの場合避けられません。ただし原因が人間関係によるものだった場合、ストレートに伝えてしまうと面接官にマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。転職理由はあくまで「前向き」であるべきで、伝え方には工夫が必要です。以下で挙げる例を参考に、マイナスな理由でも上手に言い換えて伝えられるようにしましょう。
【例①】
<事実>悪口、陰口、いじめ、派閥に耐えられなくて転職を決意
<言い換え>チームワークを大切にしたい、協力して効率的に仕事ができる環境が良い、などポジティブな言葉を使うようにする
【例②】
<事実>意見がころころ変わる上司とうまが合わず、振り回されることにうんざりして転職を決意
<言い換え>一度任されたプロジェクトは最後までやり遂げ成果を出したい、最後まで責任を持ちたい、などポジティブな言葉に言い換えた上で、挑戦意欲があることも合わせて伝えられるとベスト

転職先で良好な人間関係を築くためのコツ

良好な人間関係を築くために具体的に何をすればいいのか?どういった点に気を付けるべきなのか?について、以下で解説していきます。

転職先の社風や企業文化をリサーチする

転職先の雰囲気や人間関係については、入ってみないとわからないこともありますが、転職を決める前に情報を可能な限りリサーチしておきましょう。経営方針・企業文化・職務内容・オフィスの雰囲気・口コミなど、ウェブサイトや転職エージェントを通じて確認することができます。自分の価値観に合う目標を設定している企業であれば、同じような考え方の同僚に巡り合える可能性も高く、人間関係を良好に保ちやすいでしょう。

「前職でどうだったか」は自分から話さない

自分の知識・経験を生かそうと、良かれと思って聞かれてもいない前職の話をするのはNG行為と言えます。転職先の従業員に対し「前職に未練がある」「前職より下に見られている」「やり方を軽んじられている」など、マイナスの印象を与えてしまう可能性があるからです。会社によってルールや文化は異なるので、常に学ぶ姿勢でいることを心がけましょう。

名前・役職・席の位置は最初にメモを取る

従業員の名前や役職、座席の位置はなるべく早く覚えるように意識します。できれば最初の挨拶にお伺いした際に、ノートや手帳に相手の名前と役職、席の位置をメモして、その場で覚えられると良いでしょう。良好な関係を築くための条件として、相手の名前を覚えることは最低限のマナーになります。一度挨拶しただけで名前を覚えてもらえると、誰でも悪い気はしないものです。最初は少し無理をしてでも、頭に叩き込むつもりで覚える努力をしましょう。

自分を伝える・相手を理解する意識を持つ

人間関係また組織においての問題のほとんどは、「誤解」から生まれると言っても過言ではありません。大事なのは自分を正しく伝えて、相手を十分に理解する意識を持つことです。相互理解が正しくできれば誤解は生まれず、人間関係で課題を抱えないこともできるようになるでしょう。

積極的に自分から挨拶をする・感謝を伝える

人間関係を良好に保つには、自分から挨拶をしたりコミュニケーションを取ることが欠かせません。普段から明るい表情で周りの人間に積極的にコミュニケーションをとり、ポジティブな空気を作り出すことを心がけてみましょう。誰もネガティブな人と一緒に仕事をしたいとは思わないので、暗い表情や機嫌が悪かったりすれば、周りの人間から距離を置かれることになるでしょう。

また、どんな小さなことでも、他の人がしてくれたことには感謝の気持ちを伝えることが大切です。お互いに「日々の行動が感謝されている」と感じ合える人間関係は、自然と良好に保たれるでしょう。

時間厳守・報連相を徹底する

仕事をする上で時間を守れない人は印象を悪くするだけでなく、社内・社外関係なく、迷惑をかけてしまうため、信用も失ってしまう恐れがあります。万が一、約束通りの時間に間に合わない場合も、前もって連絡をしておけば「時間を守れない人」ではなく「連絡を忘れない人」という印象を持ってもらえるかもしれません。時間厳守と報連相(報告・連絡・相談)は社会人としての基本的なマナーでもあるため、徹底するようにしましょう。

整理整頓・清潔な身だしなみを心がける

第一印象は視覚情報が大部分を占め、見た目で最初の印象が決まるといっても過言ではありません。身だしなみやデスクやロッカーの整理は最低限しておくようにしましょう。身の回りが不衛生だと、社会人としてのマナーを疑われるばかりか、孤立してしまう可能性もあります。また身だしなみについても、職場によっては奇抜なファッションが受け入れられることもありますが、まずは無難な服装で出社することをおすすめします。

プライドは一度捨てる

優秀で前職で立派な実績がある人が陥ってしまいやすいケースとして「プライドにこだわりすぎる」ことがあります。雑務など簡単な仕事に対して嫌悪してしまう人がいますが、入社したてに大きな仕事をいきなり任せてもらえることは珍しいでしょう。「自分はもっとこういう仕事をしていた」と自分の技術に見合う仕事を求めすぎ、仕事を選んでしまう行為は印象を悪くします。よほど理不尽なことでない限り、自分の業務量を考えながら受けられるものは受ける姿勢でいるべきです。

合わせて読みたい記事

派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
失業手当(失業保険)の受給条件・金額・手続き方法をまとめて解説
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
派遣社員として働く際に履歴書は不要?志望動機は書くべき?そんな疑問を解説
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
動画編集とは?必要なパソコンスペックやおすすめアプリも合わせて解説!