Column

転職に役立つ情報

ホーム > 転職に役立つ情報 > 派遣の面接(登録会・顔合わせ)の服装は?季節ごとの服装や気を付けるポイントを解説

派遣の面接(登録会・顔合わせ)の服装は?季節ごとの服装や気を付けるポイントを解説

派遣の面接(登録会・顔合わせ)の服装は?季節ごとの服装や気を付けるポイントを解説

派遣会社の登録会の服装・身だしなみは基本的に「自由」

派遣 面接 服装
派遣には「面接」がありません。ただし、派遣会社に登録する際の「登録会(面談)」や、派遣先企業の担当者と対面する「顔合わせ」があります。“登録会”は会社によって“登録面談”と呼ぶところもあり、選考の場ではないので、かしこまった格好でのぞむ必要はありません。服装自由・私服OKと明記しているところも多く、最近ではリモートでの登録会も増えているので、よりラフな格好で参加することができます。

ただし選考ではないとはいえ、これからお仕事を紹介してもらう派遣会社に好印象を持ってもらえるよう、身だしなみは整えておく必要があります。露出が多い服や遊び着、しわや汚れなど清潔感のない服、奇抜な髪型・髪色などは避けておくのがベターです。もし何を着ていいか分からない時は、スーツやオフィスカジュアルにとどめておくと、間違いないでしょう。

派遣先の顔合わせに適した服装は業界や職種によって異なる

派遣先企業の担当者と対面する「顔合わせ」は選考の場ではありませんが、面接にのぞむつもりで服装を決めると良いでしょう。これから就業先になるかもしれない会社なので、あくまで好印象を与えられるよう身だしなみは整えておくべきです。適した格好は派遣先企業の業界や職種によるため一概には言えませんが、大前提として清潔感があることは心がけましょう。アパレル系の企業であればカジュアルOKな場合も多いですが、一般的なオフィスで働くのあればスーツやオフィスカジュアルなど、ビジネスシーン向きの服装が推奨されます。迷った場合は、派遣会社に相談しておきましょう。

派遣先の顔合わせ時の基本の服装・身だしなみ

派遣 面接 服装
顔合わせでは初めて派遣先企業の担当者と対面することになるため、第一印象を左右する、服装や身だしなみには配慮するべきです。好印象を与えられる基本の身だしなみについて、以下で具体的に解説していきます。

服装はビジネススーツorオフィスカジュアルが無難

派遣先の業界によって例外はあるものの、基本的にはビジネススーツかオフィスカジュアルが推奨されます。いずれの場合もシワやホコリを取り除き、綺麗な状態にしておきましょう。
男性の場合、スーツは黒、紺、ダークグレーなど派手すぎない色で、ワイシャツは白の無地、ネクタイは無地またはストライプなどの控えめなデザインが無難です。ベルトは黒や茶色の革製のものを合わせます。

女性の場合も、スーツの色は黒、紺、グレーなど、派手すぎない色を推奨します。インナーは、白か淡い色のシャツ、ブラウス、カットソーを合わせ、フリルなど派手なデザインは避けましょう。下はパンツスーツでも良いですし、スカートの場合はタイトまたはセミタイトのシルエットで、短すぎないひざ丈がマナーです。

またオフィスカジュアルの定義はあいまいですが、会社や職場の雰囲気に合わせたカジュアルな服装が好ましいとされています。ジャケットや襟付きシャツ、ブラウス、スーツパンツやスラックス、革靴やヒール、パンプスなどが無難でしょう。色味は黒や白、茶、グレー、淡いピンクやブルーなどの落ち着いたものが推奨されます。

髪色はダークカラーがおすすめ

髪色は黒に近い方が好印象を与えられます。女性の場合は多少染めていても問題ありませんが、オフィスシーンで浮かない程度の明るさにとどめておきましょう。関係性ができていないタイミングでは、髪色が印象を左右することもあるため、仮に金髪OKの会社であったとしても顔合わせに派手な髪色は適していない場合があります。また生え際と毛先の色が異なる、いわゆる「プリン状態」では清潔感がないように見られてしまうことも…。カラーリングのタイミングを顔合わせ前に合わせるなど、配慮が必要です。

髪型は清潔感を感じられるスタイリングで

髪型は「顔が見えるようにする」ことを意識してセットします。前髪が顔にかかっていて表情が見えない、髪がぼさぼさ、露骨に寝ぐせがついている、などの状態は清潔感がなく、顔合わせに適しているとは言えません。

男性は基本的には短髪で、スタイリング剤で前髪をあげておくのが一番爽やかな印象を与えられます。それ程かっちりした職場でない場合も、前髪が目にかからないようにはしておくべきです。

女性もショートカットの場合は前髪が目にかからないようにしておきましょう。長髪の場合はまとめ髪で落ちてこないようにするなど、清潔感のある髪型にセットします。お辞儀の際などに頻繁に髪の毛を触るのはあまり印象が良くありません。

香水はNGだがニオイ対策は重要

派遣 面接 服装
顔合わせの場には、原則として香水はつけていかないようにしましょう。ただし、無臭の状態が望ましいので、体臭・口臭や煙草のニオイ対策は必要になります。衣服用の消臭スプレーを使用したり、無香タイプのボディシートや制汗スプレーなどで体臭ケアをするのも大切です。ニオイは自分では慣れてしまっていて、意識してもなかなか気づけないこともあります。喫煙者は顔合わせ前日に、一晩服を干しておくなどの対策をしておくと安心です。

男性は革靴・女性はヒール5cm程度のパンプスで汚れ・傷がないものを

足元は油断しがちですが、意外と靴まで見られているものです。汚れや傷がないものを選ぶようにし、小まめなメンテナンスを行うようにしましょう。気づかないうちにかかとがすり減っていたり、ヒール部分の生地が剥げてしまうこともあるので、注意が必要です。

男性の場合、黒またはこげ茶の革靴を選択するのがベターです。キャメルなども品のある印象を演出できますが、派遣先の企業によっては浮いてしまう可能性があります。また、つま先が尖り過ぎていたり、ヒモがないタイプのデザインも避けておくのが無難でしょう。女性の場合、黒のパンプスが一般的です。ピンヒールは避け、高さは3~5cm程度のものが推奨されます。つま先がでていたり、極端にヒールの高いものはビジネスには適していません。

小物・鞄はシンプルで機能的なもので揃える

ビジネスシーンでは腕時計の着用が一種のマナーとなっています。日常的に腕時計をしない方も、面接用に1つは用意しておくと安心です。スーツに合うようなフォーマルなデザインを選び、ベルト部分は革、金属どちらでも構いません。スポーツタイプの時計や原色を使ったカラーリングのものは避けたほうが良いでしょう。また、ハイブランドの時計は避けるのがマナーです。文字盤はデジタルではなく、アナログのものを選ぶと、よりフォーマルな印象になります。女性の場合は、細いベルトや小ぶりの時計を選ぶとより女性らしい印象を与えられるでしょう。

一方、鞄もお洒落で持つわけではないので、機能性やデザインを中心にシーンに合ったものを選びます。「A4サイズの書類が入る」「置いた時に自立する」の2点をおさえていれば特に指定はありませんが、男性は持ち手が短いもの、女性は肩に掛けられるぐらいの長さがメジャーです。色は黒かこげ茶などシンプルなものを選び、キャメルやツートンカラーなども派遣先企業によってはフォーマルの範囲として受け入れられます。時計と同様に、ブランドのロゴが大きくプリントされていたり、飾りがついているようなハイブランドのものは避けておくのがベターです。

アクセサリーは着用しないor控えめなものを着用する

アクセサリーなどの小物は、原則として身に付けないようにしましょう。ただし男女共に、結婚指輪は例外となります。女性の場合、控えめなものであれば問題ありませんが、あえて必要ないのであれば、付けない方が無難でしょう。

【季節別】顔合わせ時の服装・身だしなみのポイント

派遣 面接 服装
日本には四季があるので、いくら服装の基本ルールがあるからと言って、年中同じ格好をするわけにはいきません。特に気温が高く長袖を着ることすら阻まれる夏と、反対に厚着が必須の冬では、明らかに服装も変わってきます。身だしなみの基本をおさえたら、季節別の服装のポイントについても確認しておきましょう。

夏はだらしなく見えないクールビズはOK

クールビズとしてジャケットやネクタイを必須としない5~9月には、顔合わせでも着用が必須ではなくなります。男性もワイシャツの半袖がOKになりますが、男女ともに露出が多い服装は控えるようにしましょう。ただし注意事項として、男性は肌着や乳首が透けないように配慮が必要です。また女性の場合も、下着やキャミソールが透けないように対策はしておきましょう。

冬なら防寒着・防寒具の着用もOK

ジャケットやスーツの着こなしは基本ルールに則ったうえで、ジャケットの下にカーディガンやセーターを着用するのは問題ありません。ただし着ぶくれするなど、違和感を覚えるほどの厚着はあまり良い印象を与えないので、常識の範囲内での着こなしを意識します。
また移動時に着用するアウターは、待ち合わせ場所まで着ている分には問題ありませんが、室内にはいったら脱ぐのがマナーです。

派遣の顔合わせで「私服OK」といわれたら?

顔合わせの服装指定に「私服OK」と書かれていた場合も、基本的にはオフィスカジュアルかスーツを推奨します。ただしアパレル業界などで「私服必須」と言われた場合は例外です。
オフィスカジュアルの定義はあやふやですが、派手な髪色や髪型、露出の多い服装、サンダルやデニムなどのカジュアルすぎる服装は避け、ビジネスシーンに合った服装を意識しましょう。

【男女別】派遣の顔合わせ時に気を付けたいポイント

派遣 面接 服装
基本のルールに性別差はありませんが、ムダ毛の処理や化粧の有無など、どうしても男女別に配慮しなければならない部分がでてきます。以下では、男女別の身だしなみのポイントについて解説します。

男性は毛のケア次第で清潔感が大きく変わる

必ず意識して欲しいのは「髭」の処理です。髭の状態によっては清潔感が失われ、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。基本的には、電気シェーバーやカミソリを利用して毎朝ケアするようにしましょう。アパレル系やクリエイティブ系の職種では髭もお洒落の範囲として許されていることがありますが、長さは短めに揃えるなど、あくまで清潔感は損なわないようにしましょう。また「鼻毛」と「眉毛」のケアも人によっては必要になります。体毛が濃い目の体質の方は、特には鼻毛と眉毛のケアにも気を配るようにしましょう。

女性のメイク・ネイルはナチュラルに

女性の場合、ビジネスシーンではメイクをすることがマナーとされています。ただし、華美に着飾るためではなく「ナチュラルで健康的」に見えるよう意識しましょう。例えば、ベースの厚塗り、濃すぎるアイメイク、色が濃すぎるチークやリップなど、華やかすぎるものはビジネスシーンに適していないと判断されてしまいます。あくまでナチュラルメイクを意識して仕上げましょう。

同様の理由から、ネイルも基本的にはしない方が無難です。ただし、ベージュや薄ピンクなど肌なじみの良いシンプルなものであれば問題ない場合もあります。ネイルについては業界による差も大きく、飲食・医療・金融・公務員系であればNG、逆にアパレル系であればOKなど、派遣先企業に合わせて判断すると良いでしょう。

人の印象は視覚的情報・聴覚情報からの印象が9割以上!

派遣 面接 服装
声の大きさや話す内容以上に、人は見た目からの情報によって相手の印象を判断しているということが色んな研究によって分かっています。これは「メラビアンの法則」と呼ばれ、聞き手に影響を与える割合は【言語情報=7%】【聴覚情報=38%】【視覚情報=55%】であるという定説です。

このように見た目が大きく印象を左右するので、服装や身だしなみを整えておくことは、初対面の場合かなり重要な要素になります。合わせて、身振りや視線の動きなども気にされるポイントなので、変な癖がついている人は意識しておくと良いでしょう。次いで重要なのは、声色や話すスピードなどの聴覚情報です。話す内容より、話し方の方が重要ということですが、話し方の癖も急に直せるものではないので、日ごろから意識しておくと良いでしょう。

Supervisor Image

type IT派遣編集部

type IT派遣編集部では、派遣に関する知識やスキルアップの方法、業務に活かせる資格など、転職に役立つ情報をお届けしています。
type IT派遣は、ITエンジニア、クリエイターに特化した人材派遣サービスです。IT・Web業界に精通したキャリアコーディネーターが、あなたのお仕事探しをサポートいたします。

合わせて読みたい記事

派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
人と関わらない仕事23選 人との関わりを減らすメリット・注意点とは?
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
AIエンジニアとは?仕事内容や年収目安とあわせて必要なスキル・資格も解説!
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
イラストレーターとは?仕事内容や持っていると優位な資格も解説