Column

転職に役立つ情報

ホーム > 転職に役立つ情報 > 仕事を辞めたくなる主な原因とは?対処方法や辞める前にしておいた方がよいことを解説

仕事を辞めたくなる主な原因とは?対処方法や辞める前にしておいた方がよいことを解説

仕事を辞めたくなる主な原因とは?対処方法や辞める前にしておいた方がよいことを解説

社会人であれば、誰しも一度は「仕事を辞めたい…」と思ったことがあるのではないでしょうか。そう思ったとしても安易に辞めることができないのが、仕事ですよね。本記事では、仕事を辞めたくなる主な原因や対処方法とあわせて、辞める前にしておいた方がよいことを解説していきます。仕事について悩んでいる人は、よりよい未来を実現するために、最後まで目を通してみてください。

仕事を辞めたくなる主な原因

仕事を辞めたくなる主な原因
人が仕事を辞めたくなる理由はさまざまですが、多くの人が仕事を辞めたくなる主な原因とは何なのか、以下より解説していきます。


残業が多すぎる

仕事はこなした分だけスキルが身に付きますが、気持ちよりも先に体が悲鳴を上げてしまうことも。人は心と体のバランスがとれてこそ、健康といえます。終電時間までの残業や連日の泊まり込みが続くと、仕事を辞めたくなるのも当然といえるでしょう。

人間関係にストレスを感じる

会社や仕事は自分で選ぶことができますが、職場の人間関係や上司の人柄までは選ぶことができません。特に上司との関係性の善し悪しは、今の日本社会では自分の昇級を左右する評価にも繋がる可能性があります。

そのため、仕事に関することでも、思っていることが素直に言えないストレスや、周囲の人間関係のストレスには耐えるしかないことが多いです。仕事を辞めたいと考えるきっかけになるのも、無理はありません。

給与や福利厚生などの待遇に不満がある

仕事に対するモチベーションとして最も効果的なのが、給与や福利厚生などの待遇といえます。しかし、正当に評価してもらえない・有休が使えない・労働環境が悪い・残業代が未払いなど、不満が出てくると退職を考える人がでてきます。

仕事にやりがいを感じない

近年の若年層に多いのが、仕事にやりがいを感じないという不満です。仕事のやりがいは誰かに与えられるものではなく、自分で見つけるものですが、自分がしたいと思った内容業務ではない・苦手なことばかりさせられる・自分に合わないと感じると、すぐに辞めるという選択肢を選びやすい時代の流れになっています。

失敗が続いている

仕事での失敗が続いていると、自分にはできない・これ以上在籍していると会社に迷惑をかけてしまうといった、ネガティブな思考に陥りやすくなります。仕事を辞めたくなる気持ちもそういった場合は、一度冷静になってミスをしない方法を考えてみましょう。

社風が受け入れられない

仕事内容ではなく、飲み会の回数が多い上、必ず行かなければならない・経営陣が怪しげな宗教にこぞって入っていることなどが分かるなど、社風に不信感を抱く人も多いようです。社風は仕事内容とは違い、自分一人で変えることが難しいため、社員が働く環境に大きな影響を与えています。

会社の将来性に不安を感じる

コロナウイルスの感染拡大や世界情勢など、さまざまな理由によって今日の日本企業も常に変化を求められています。それにもかかわらず、古いやり方を通して会社の業績が下がっている・今後の時代の流れに置いていかれそうなど、将来性に不安を感じると、仕事を辞めたいと考える人が増えています。

パワハラやセクハラがある

テレビや雑誌などのメディアで、度々報道されているのですが、消えることがないのがハラスメント問題です。特に上司や先輩からのセクハラやパワハラは告発しづらく、自分で解決できる問題ではないため、社員の仕事を辞める意欲を高めてしまいます。

ライフスタイルに変化があった

妊娠や出産、介護などライフスタイルの変化によって、これまで通り働くのが難しく感じる人もいます。特に女性の場合は、無理に在籍しているとマタハラやイクハラも受けかねないので、職場や働き方を見直そうと考える人が多いようです。

仕事を辞めたいと思うのは甘えではない

仕事を辞めたいと思うのは甘えではない
仕事を辞めたいと思うことに罪悪感を抱く人も多いでしょう。しかし、仕事を辞めたいと思うことは、決して甘えではありません。人には人の事情があり、人の数だけ感じ方も違います。そのため、どれぐらい仕事が辛いかどうかは、個々によって異なるのです。

また、仕事を辞めたいと思うだけであれば個人の自由なので、毎日仕事を辞めたいと思いながら仕事をしている人もいます。ストレス社会といわれるだけあって、働いている人が何かしらのストレスや不安、大なり小なりの問題を抱えながら仕事をしていても珍しくありません。

仕事を辞めたいと思うのは、精神的に未熟なわけでも甘えでもないのです。考え方によっては、ステップアップや挑戦のチャンスが到来しているともいえます。仕事を辞めたいと思った時は、ネガティブにならず、前向きな方法を探していきましょう。


仕事を辞めたくなった時の対処方法

仕事を辞めたくなった時の対処方法
仕事を辞めたいけれど、辞める勇気が出ない・自分が本当に仕事を辞めたいのかどうかわからないなど、判断に迷う人も珍しくありません。そういう時におすすめな、仕事を辞めたくなった時の対処方法を解説していきます。

冷静になってなぜ辞めたいのかを分析してみる

仕事を辞めたくなったからといって衝動的に辞めるのは、あまりおすすめできません。まずは、冷静になってなぜ仕事を辞めたいのかを分析してみましょう。仕事を辞めたい理由が明確になれば、おのずと適切な対処方法も見えてきます。

休暇をとる

過度な疲労によって仕事を辞めたいと思った場合は、休暇をとるのがおすすめです。しっかりと心身の休息がとれていないため、疲労が蓄積している可能性があります。長めの休暇をとってしっかりと心身のリフレッシュをすると、再び仕事に対する意欲がわいてくるかもしれません。

周囲にサポートを求める

抱えている仕事の量が多すぎる・仕事について不明点が多すぎるなど、仕事に関する悩みが原因で仕事を辞めたいと思う場合は、周囲にサポートを求めてみましょう。信頼出来る上司や同僚に相談をすることで、自分では考えつかなかった素敵なアイディアをもらえることがあります。

仕事内容を見直す

仕事量が多い場合は、仕事内容を見直してみるのがおすすめです。自分がするべき仕事ではないことも混じっている可能性があります。自分でなくともできる仕事は、上司に相談をして他の人に振り分けてもらいましょう。余計な業務が減り、仕事量が減ることで、やるべき仕事に集中できるので、仕事へのやりがいを感じられるようになることがあります。

部署の異動願いを出す

仕事内容が合わない場合は、部署の異動願いを出すのも一つの方法です。今の部署では才能を発揮することができなくとも、違う部署で業務内容が変われば、自分の才能を存分に発揮できるかもしれません。自分に向いていそうな業務を行っている部署が社内にある場合は、まず異動願いを出すとよいでしょう。

対処方法を行っても心境に変化がない場合は転職を視野に入れる

対処方法を行っても心境に変化がない場合は転職を視野に入れる
前述した対処方法を行っても、会社を辞めたいという心境に変化がない場合は、転職を視野に入れてみるのがおすすめです。まずは、転職活動だけでも行ってみると、本当に自分のしたい仕事が見つかった・やっぱり今の仕事が好きだなど、道が開けることがあります。

また、履歴書や職務経歴書の作成では、自分のキャリアの見直しができるため、転職すべきかどうかを現実的に判断することもできます。転職活動は、必ずしも転職しなければならないものではありません。

迷いを断ち切ったり現状をよい方向へ導くために、転職活動という行動を起こしてみることが大切です。

辞める前にしたおいた方がよいこと

辞める前にしたおいた方がよいこと
会社を辞める意思が固まった場合、多くの人が目指すのは円満退社です。そのためにも、辞める前にしておいた方がよいことを解説していきます。

転職活動

心身の休息目的で仕事を辞めるのではない場合、会社を辞める前に新たな転職先を探しておく必要があります。自分の中で明確な退職日を決めておき、その日にちに向けて計画的に転職活動を行っていきましょう。

明確な退職日を決めておかないと、転職活動が曖昧になったり、退職の意思を伝えることを先延ばしにしてしまったりする可能性があります。

退職の意思を上司に伝える

近年では、退職代行サービスといったものが人気を集めていますが、一方的な辞め方は得策とはいえません。一般的な会社では、就業規則として退職は希望する退職日の1ヶ月前までに意思を伝えると定められています。

中には、3ヶ月前と定めている会社もあるので、自分の会社の就業規則を確認し、退職日の1〜3ヶ月前には上司に退職の意思を伝えましょう。

引き継ぎ事項をまとめておく

上司に退職の意思を伝え、退職日が決まったら、後任者への引き継ぎを行います。引き継ぎ業務がスムーズに進むよう、引き継ぎ事項はまとめておくのがおすすめです。自分が退職した後も、後任者が業務をしっかりと把握できるツールとして役立ちます。

まとめ

社会人であれば、誰しも一度は仕事を辞めたいと思ったことがあるといえます。仕事は好きだけれど人間関係に疲れてしまった・上司のパワハラに耐えられないなど、さまざまな要因で仕事に関する悩みをかかえている人も多いはず。そういった場合は、現状の悩みを解決する方法を見つけるために、転職活動をしてみるのがおすすめです。転職活動は実際に転職を実行しなければならないものではないので、よい気分転換や自分がどのような仕事が好きかを発見できるかもしれません。

Supervisor Image

type IT派遣編集部

type IT派遣編集部では、派遣に関する知識やスキルアップの方法、業務に活かせる資格など、転職に役立つ情報をお届けしています。
type IT派遣は、ITエンジニア、クリエイターに特化した人材派遣サービスです。IT・Web業界に精通したキャリアコーディネーターが、あなたのお仕事探しをサポートいたします。

合わせて読みたい記事

派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
仕事とプライベートを両立させる方法は?ワークライフバランスの考え方も解説
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
UIデザイナーとは?UXデザイナーとの違いや業務内容とあわせて年収や将来性も詳しく解説!
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
扶養内で働くには103万・130万どちらがお得?超えたらどうなる?