Column

転職に役立つ情報

ホーム > 転職に役立つ情報 > スルースキルとは?高い人の特徴や身に付ける方法を解説!

スルースキルとは?高い人の特徴や身に付ける方法を解説!

スルースキルとは?高い人の特徴や身に付ける方法を解説!

目次

仕事において、ストレスが溜まりやすいのが人間関係ですよね。余計なストレスを溜め込まないためにも、スルースキルを身に付けませんか?本記事では、スルースキルについて、詳しく解説していきます。スルースキルが高い人や身に付ける方法もあわせて紹介していくので、気になる人は是非参考にしてみて下さい。

スルースキルとは


スルースキルとは、人からのネガティブな態度や言葉を上手くやり過ごす能力のことです。仕事でミスをして上司に怒られたまではいいけれど、その後に嫌みをいわれたり理不尽な態度をとられたりした経験をしたことがある人は、多いのではないでしょうか。

スルースキルは、別名を鈍感力ともいわれています。今日の社会では、繊細すぎると生きづらさを感じることが多くなるため、鈍感力を磨くことが注目され始めているのです。

真正面から全てを受け止めると、仕事上でのストレスが計り知れなくなるので、誰かからのネガティブな態度や言葉は、すーっと流し聞き、ストレスを溜め込まないようにして下さい。

スルースキルが低いとどうなる?


スルースキルが低いと、どのような事態に陥るのでしょうか。スルースキルの低い人が陥りやすい主な例を解説していきます。たかがスルースキル、されどスルースキルです。軽んじず、スルースキルを磨いていきましょう。

仕事へのやる気が低下して生産性が低下する

上司や同僚からの指摘を気にしすぎて、どの指摘をまず改善すればよいのかわからない・兎に角怒られたくないといった意識から、目の前の仕事へのやる気が低下してしまいます。

また、指摘された内容から、自分にとって必要な情報や優先順位を考慮することができないため、生産性の低下にも繋がるのです。

積極性がなくなる

人に指摘されることが怖くなり、積極性が消えてしまう可能性があります。何事も消極的に取り組むと自分の力を発揮することができません。時には自分と違った意見を持った人と会話をすることも大切です。

あまりにも消極的になりすぎると、職場での評価が下がる・メンタルへ悪影響が及ぶ可能性があるなど、トラブルが発生しやすくなるので、スルースキルを磨きましょう。

人間関係を負担に感じて辞めてしまう

会社を辞める理由として、誰かの心ない言葉や態度から、人間関係を負担に感じて早期に辞めてしまうケースも多いです。早期退職は自分自身の転職に影響があるだけでなく、会社側にとっても採用コストや育成コストが無駄になってしまいます。

スルースキルの魅力


今日、スルースキルが注目され始めているのには、以下のような魅力があるからです。

人間関係でのストレス軽減

スルースキルが高ければ、人間関係におけるストレスが大幅に軽減されます。人間関係でのストレスは、転職をも考えてしまう大きな理由の内の一つです。中には、仕事は好きだけれど上司と相性が合わないために、辞めてしまう人もいますよね。

仕事は好きなのに、人間関係で辞めてしまうのは、自分にとっても会社にとっても非常に勿体ないことです。スルースキルでネガティブな感情は回避していきましょう。

人付き合いが上手くなる

スルースキルが高いと、どのような人とでも当たり障りなく接することができるので、人付き合いが上手くなるメリットが。人から言われた言葉に対して、自分にとって必要かどうかの取捨選択ができます。

そのため、誰かに嫌な事を言われたとしても、「今日は機嫌が悪いんだな。そっとしておこう」など、気持ちの整理と対処方法を知っているので、気にすることがありません。人間関係で波風が立たないので、人間関係が円滑に進むようになります。

一時的な感情に振り回されない

誰かに嫌な態度を取られたり言われたりした後の、一時的な感情に振り回されることがありません。例えば、よく嫌味を言う上司と話をして、案の定嫌味を言われたとします。

スルースキルが低い人だと、怒りを露わにすることが多いですが、スルースキルが高ければ「この人はこういう人だ。仕方ないので極力関わらないでおこう」と、嫌みを言われた後の一時的な怒りに振り回されることがないのです。

仕事の生産性が向上する

誰かの指摘や言葉に左右され、目の前の仕事に対して集中力が途切れることがないため、仕事の生産性が向上します。生産性が向上すれば、職場での評価も上がるため昇級するのも夢ではありません。

仕事が楽しくなる

スルースキルが高ければ、人間関係や業務において、邪魔が入る隙がありません。そのため、人間関係だけでなく仕事も順調に進むようになり、楽しくなります。

人は1日の大半を働いて過ごしていますよね。仕事が楽しいと思えることほど、幸せなことはないといえるでしょう。

スルースキルの高い人の特徴


実際のスルースキルが高いといわれる人の特徴を解説していきます。下記の項目が当てはまる人が身近にいる場合は、スルースキルの磨き方や生き方を尋ねてみるのもおすすめです。スルースキルが高い人のマインドは、自分が成長するための参考になりますよ。

何事にもポジティブ

どんな言葉もポジティブに受け止めることができれば、周囲の人の言葉に影響を受けることがありません。例えば、嫌なことをよく言ってくる人は「自分に興味があるんだな」や、「自分のことが羨ましいんだろう」と、前向きに受け取れれば、嫌な人とも話すことが楽しくなるかもしれません。

ネガティブな言葉や態度は、ポジティブな思考へと変換して楽しく日々を過ごしている人は、スルースキルの高い人といえます。

客観的に物事の判断ができる

スルースキルの高い人は、目先の感情や行動で判断をするわけではないので、客観的に物事を判断しています。現状では感情での判断が必要なのか、理論的な判断が必要なのか、臨機応変かつ効率的に仕事を進めるのが上手いでしょう。

人の目を気にしない

余計な言葉や態度は全てスルーしているので、人の目は気になりません。冷たい性格と思われることもありますが、自分には必要ないと判断してスルーしているだけです。なんなら、冷たい人と思われていることすらも、スルーしています。

精神的に落ち着いている

精神的に落ち着いている人も、スルースキルが高い傾向にあります。よく怒る上司やクライアントが相手であっても、精神的に落ち着いていれば、対処方法を冷静に考えることができるため、「怒られた」「嫌なことを言われた」という部分に意識が向きません。その結果、面倒だと感じられることの多い人を上手くスルーしています。

サイコパスな気質をしている

サイコパスとは、感情が欠落している人のことを示します。そのため、効率だけを求めた仕事をすることが可能です。どれだけ周囲から「空気を読め」や「感情に寄り添って」といわれても、仕事に必要ない部分を取り入れることがありません。

悪い意味ではなく、良い意味としてサイコパスな部分が生かされているため、「仕事ができる人」という印象を持たれることも少なくないでしょう。

天然といわれる気質をしている

稀に、嫌味を言われても嫌味だと気付いていない人がいますよね。相手が意図していることが伝わっていないため、天然といわれる気質をしている人も、スルースキルが高いのが特徴です。

また、無意識にスルーしているので、周囲から悪く思われることが少ないのも、天然気質の魅力といえます。

スルースキルを身に付ける方法


上記までで、スルースキルには様々な魅力があることがおわかり頂けたでしょうか?ここからは、その魅力的なスルースキルを身に付ける方法を解説していきます。自分のスルースキルを磨きたいという人は、是非参考にしてみてください。

言葉の裏を読みすぎないようにする

嫌味なのか冗談なのかわからない言葉を言われた場合、もやもやとする人も多いでしょう。そういった場合は、言葉の裏を読みすぎないようにして下さい。

言葉の真意は、相手に聞くより方法がありません。深く考えて話している人も少ないため、あえて深掘りをして不快な思いをするよりも、「まぁ、いっか」と楽観的に受け取るようにすると、スルーする癖が身に付きます。

情報の取捨選択をする癖をつける

余計な話や嫌味の多い上司・クライアントなどとの会話では、情報と感情は切り離して、情報部分のみをしっかりと聞き取る癖をつけておきましょう。全てを真正面から受け取ってネガティブな感情を抱くよりも、必要な情報を取捨選択し、仕事に役立てる方が有意義です。

嫌味や余計な会話は聞いてあげる必要もないので、自分が成長できる糸口として対応するのがおすすめです。

話を「あえて」合わせる

嫌なことや間違ったことをよく言う相手でも、「あえて」話を合わせておくようにしましょう。相手の立場を考えずに言葉を発したり行動したりする人は、自分が正しいと思い込んでいるケースがほとんどです。

わざわざ違うと指摘して波風を立てるよりも、あえて話を合わせて受け流しておくと、対人関係におけるトラブルを未然に防ぐことができます。

嫌いな人や苦手な人とは物理的な距離を置く

嫌いな人や苦手な人とは、物理的な距離を置くことも大切です。物理的な距離が近すぎるからこそ嫌いや苦手といったネガティブな気持ちになるのかもしれません。

業務以外は関わらない・業務でも長話しはしないなど、物理的に距離を置くことで特定の人物との人間関係のストレスをスルーすることが可能です。

仕事を第一に考える

仕事を第一に考えていれば、感情が先立つことがぐっと減るため、嫌味や悪口などの余計な情報に惑わされずに日々過ごすことができます。目先の仕事一つ一つを集中してこなしていくと、自然とスルースキルが身に付いているでしょう。

話をそらす方法を習得する

プライベートな話や誰かの悪口になりそうだなと察した場合は、適当な相づちや返しで話をそらす方法が効果的です。「メールの返信をしないといけないので」や「電話なので、失礼します」とその場を離れられない場合は、相手の話をオウム返しで返答しておくと、無難にやり過ごせます。

悪口はアドバイスとポジティブに受けとる

自分の悪口をストレートに伝えてくる場合は、自分へのアドバイスだとポジティブに受け取るのがおすすめです。自分では自覚していないだけで、何か直した方がよい部分があるかもしれません。直球の悪口には自分が成長できるヒントが隠れていると思えると、大抵の悪口は気にならなくなります。

自分を分析しておく

自分がどのような人なのか、分析をしておくのもよいでしょう。自分を理解していないからこそ、欠点を指摘されると悲しくなったり腹が立ったりして、感情に影響されてしまいます。自分を知っていれば、指摘や悪口も「そうだよね。直すようにするね」と素直に受け入れられたり、「ありがとう」と感謝の言葉を述べることもできるようになります。

不快な言葉に過剰反応せず無視する

不快な言葉に対しては、過剰反応せずに無視する癖を身に付けて下さい。不快な言葉を投げかけてくる人はどこにでもいます。返答だけをし、その他には徹底した無視を心がけていると、スルースキルが身に付きますよ。

アンガーマネジメントを学ぶ

自分の感情がコントロールできない故に、不快な言葉や態度に対して過剰反応してしまうことが考えられます。そういった場合は、怒りの感情をコントロールするアンガーマネジメントを学ぶのも一つの方法です。

よく聞く腹が立った場合、10秒ほど数字を数えるのもアンガーマネジメントです。感情のコントロールが苦手だと感じる人は、簡単なものから、日常生活にアンガーマネジメントを取り入れてみて下さい。

スルースキルを組織に定着させる方法


個人的にも非常に重要なスルースキルですが、組織に定着させることも大切です。個人のみではなく、組織自体にもスルースキルが定着している職場は、働きやすく人間関係も円滑に進みやすくなる傾向に。それでは早速、スルースキルを組織に定着させる方法を解説していきます。

他人の意見や失敗を否定しない風土を作る

他人の意見や失敗を否定しない風土作りを行ないましょう。上司が部下の意見をすぐに否定してしまうと、部下が意見を言わなくなるだけでなく、新しいアイディアすら生み出すことができません。

否定するのではなく、自分とは意見が違うだけだと、他者の意見を認める風土であれば、優秀な人材も定着しやすくなります。

社内のコミュニケーションを活性化させる

社内のコミュニケーションを活性化させ、社員の変化に気づける環境作りも大切です。普段からしっかりと社内でコミュニケーションがとれていれば、誰かが悩みを抱えていたり体調不良だったりする場合にもすぐに気づけるでしょう。

第三者が客観的に見ることで、社員の悩みごとの解消に繋がります。また、体調不良の時には人の優しさが嬉しいものです。自分がしてもらい助かった経験から、他の誰かが体調不良の場合にも休息を促し、業務のカバーを行える風土が浸透します。

社内研修を活用して必要なスキルを分析する

個人でスルースキルを磨くことが難しい場合であっても、社内研修が活用できれば、必要なスキルや具体的な方法が見えてきます。特にコミュニケーション研修やレジリエンス研修などは、他者の言動による適切な対応の仕方がわかるため、スルースキルの向上に繋がるでしょう。

他にも、第三者からフィードバックを得られることで、改善点や改善方法が見つかりやすくなります。

上司から部下へのフィードバックの質を上げる

そもそも、社内の環境が整っていれば、社員がスルースキルを向上させる必要性が低いといえます。そのため、上司から部下へのフィードバックの質を上げるのも有効です。上司から部下へのフィードバックの質が高まれば、自然と社内のコミュニケーションや人間関係が円滑に進みやすくなります。

短所ではなく長所を伸ばせるフィードバックの方法や、管理職向けの部下への接し方を工夫する研修など、上司と部下の間に起こりやすいトラブルを回避する方法を導入するだけでも、職場の環境はがらりと変わるでしょう。

スルースキルが身に付かず辛い思いをしている場合は


スルースキルを身に付けようと思っても、なかなか身に付かずに辛い思いをしている人はいませんか?そういった場合の対処方法は、以下の通りになります。スルースキルを身に付ける努力は、心身に悪影響が及ばないよう、心身のバランスを図りながら行なうことが大切です。

自分の感覚を大切にする

スルースキルが身に付いていないと、他人の言動に影響を受けて気分が浮き沈みしてしまうことが多いでしょう。しかし、そんな時こそ自分の感覚を大切にしてみて下さい。自分の感覚を大切にしている人は、自分とは異なる価値観の持ち主も尊重できるのが特徴です。

他者の意見に耳を傾けることも大切ですが、まずは自分の感覚を大切にして、自分がどうしたいのか・どう思ったのかに基づいて決断や行動をしてみると、心身の負担を減らすことができます。

専門家に相談してみる

専門家に相談をしてみるのも、辛い思いを解消する有効な方法の内の一つです。自分一人では客観的に物事を見ることができず、解決の糸口を掴むのに大変な苦労をしてしまいます。

スルースキルが身に付かず、嫌な出来事をスルーできない自分は、ダメだと追い詰める必要はありません。専門家に相談をして、ありのままの自分を大切にする方法を教わりましょう。

認知行動療法を行なってみる

今の偏った物事の捉え方や思考を変えて、バランスの取れた思考や行動をとれるようにするのが、認知行動療法です。認知行動療法には、5コラム法やマインドフルネス認知療法などがあります。

自分が取り入れやすい認知行動療法で、ネガティブな言動や偏った思考を変えていくと、スルースキルが身に付きやすくなります。

スルーできなくても自分を責めない

スルースキルが身に付かなくても、自分を責める必要はありません。何かを習得するスピードや向き不向きなど、全て個人差があります。他の人のように早く習得しなければならない決まりはないので、自分のペースで焦らずに進んで下さい。

こまめなストレス発散を心がける

思うようにスルースキルが身に付かないと思うと、ストレスが溜まってしまいます。こまめなストレス発散で、前向きな気持ちを維持するように心がけましょう。

ストレス発散で気持ちに余裕ができると、これまでできないと思っていたスルーが、できるようになるかもしれません。

まとめ

近年の教育現場では、大人から怒られることがないのが当たり前です。しかし、いざ社会人になると、怒られ慣れていないのに上司に怒られることで、怖くなって会社に行けなくなるという人も珍しくありません。そこで、非常に役に立つのがスルースキルです。スルースキルをしっかりと身に付けておくと、人間関係が円滑に進みやすく仕事も楽しくなります。よりよい日々を送るためにも、スルースキルを身に付けるのがおすすめです。

合わせて読みたい記事

派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
キャリアアップの意味と成功させるために大切なことは?
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
派遣3年ルールとは?例外や抜け道はある?適用後の働き方も紹介
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
UXデザイナーとは?主な業務内容とあわせて必要なスキルや資格・将来性なども詳しく解説!