Column

転職に役立つ情報

ホーム > 転職に役立つ情報 > 理想のライフスタイルとは?具体例と実現に必要なことを紹介!
理想のライフスタイルとは?具体例と実現に必要なことを紹介!
理想のライフスタイルとは?具体例と実現に必要なことを紹介!

ライフスタイルの意味


近年では在宅ワークをはじめとした働き方の多様化に伴い、それぞれの生活スタイルに合った働き方の実現もしやすくなりました。そもそも”ライフスタイル”という言葉は、「働き方・週間・人生観などを全て包括する生き方」を意味します。これは人の数だけそれぞれのスタイルが存在し、自由に選択することができるものとも言えるでしょう。

「自分らしいライフスタイルを大切にしたい」「自分に合ったスタイルで働きたい」と考える方が増える一方で、何が自分に合っているのか、まだ見つけらていない人も少ないのではないでしょうか?今回の記事ではそんな”ライフスタイル迷子”の方に向けて、どんな”ライフスタイル”の形が注目されているのか、何を基準に選択していくべきかについて解説していきます。

近年注目を集めているライフスタイル例


近年注目されるようになった“働き方”(=ライフスタイル)を、具体的に例を挙げて紹介していきます。どれを選択しても、何に価値基準を置いても、そこに正解・不正解はありません。あくまで”自分に合っていそうかどうか”という視点で参考にしてみてください。

どこでも仕事ができるノマドワーカー

“ノマドワーカー”とは、遊牧民のように決まった場所に滞在せず、仕事場を転々とする人を意味します。「nomado=遊牧民や放浪者」という語源からこう表現されるようになりました。
毎日決まった時間に出勤し、決められた勤務時間を働くオフィスワーカーとは対照的な働き方と言えるでしょう。時間や場所にとらわれず働くことができるのが魅力で、エンジニアやデザイナー・ライターなど、PCで作業が完結でき、一人作業が多い職種で取り入れやすい働き方です。

特定の組織に属さず働くフリーランス

フリーランスとは、組織に属さず、個人で仕事を請け負っている人のことです。フリーランスで働く人の中には、ノマドワーカーのように出社をせず仕事をする人も多いため混同されることがありますが、フリーランスはあくまで雇用形態の在り方を指します。そのため、フリーランスで働く人の中には、ノマドワーカーのように拠点を持たない人と、拠点を持っている人が存在します。

しかし、フリーランスとして活躍しやすい職種はノマドワークに近い傾向にあり、その多くはエンジニアやデザイナー・ライターなどのPC作業を中心とする職種になります。

働きながら子育てをするワーキングマザー

“ワーキングマザー”とは、働きながら子どもを育てているママのことを広く定義した言葉です。正社員、パート、フリーランスなど、ワーキングマザーの活躍の場や雇用形態は特に限定されません。専業主婦を希望しない、経済的に働かなければならない、社会と繋がっていたい、など子育てをしながら働く理由は人それぞれですが、子供が小さいうちはパートナーや身内の協力や理解がないと難しいことも事実です。

仕事と子育ての両立は容易なことではありませんが、この働き方を選択する女性もかなり増えてきており、託児所の利用や勤め先の福利厚生などを利用して周りの協力を得ながら行えば、決して不可能な方法ではありません。

専門的な知識・スキルを活かして働くキャリアウーマン

“キャリアウーマン”とは単純に会社員として働く女性を指す言葉ではなく、男性に負けないくらいバリバリと仕事をこなしたいと考え、それを実現させている女性のことを表現します。コピーや事務作業といった雑務だけでなく、専門的な知識を持っていたり、重要な役割を担って働いています。国の法整備や政策によって働く女性の後押しもあり、かつては男性が働くイメージの強かった技術職や研究職でも活躍する女性が増えています。

職種や業界によってはまだまだ女性の立場が弱いこともありますが、本人の強い意志があれば、活躍できる職種や業界に限界はないと言えるでしょう。

少ないモノでシンプルに暮らすミニマリスト

“ミニマリスト”とは、必要最低限のもので生活する人、そのライフスタイルを指します。自分の大切にしている対象のみに時間やお金をかけることで、心豊かな生活の実現を目指すことがゴールにあります。余計なものを買わない、持たない、やらない、を徹底することで、お金の節約や自由時間の確保、暮らしと心にゆとりが生まれるなどのメリットがあります。特にリモートワークなど在宅で仕事をする人は、目に入る情報がシンプルになり、気が散る原因が減ることから、生産性の向上も期待できるかもしれません。

自分が好きな人・モノに情熱を注ぐ推し活

「推し活」という言葉はここ数年で急速に認知されてきました。アイドルやアーティスト、アニメキャラクターなど、好きで推せる人やものを作り、それに対して時間やお金をかけて趣味の時間とします。SNSの普及や無料コンテンツの普及が「推し活」の認知の広がりにも影響していると考えられるでしょう。熱中できるものがあると、そのために仕事やそれ以外のことを頑張れたり、”推し活”で日々の生活に癒しが生まれたりと、メリットがたくさんあります。

生活習慣に気を遣う健康志向

世界的にも平均寿命が延び、ただ長生きするだけでなく、豊かな生活を送るための健康寿命にも注目されるようになりました。生活習慣病や生活習慣病予備軍の増加により、日々の生活から健康を意識した生活を心がける人が増え、フィットネス市場も年々拡大しています。健康な身体の基本は日常生活における食事と運動ですが、こだわりたい人は仕事も”健康”を軸に考え、それに携わることでさらにライフスタイルを健康志向に寄せることもできるでしょう。

自然素材にこだわる自然派志向

先に述べた“健康志向”の広がりをベースに、食に関するナチュラル志向も高まり、「オーガニック食品」への注目も集まっています。「オーガニック(Organic)」とは、有機農産物およびその加工食品のことを指し、体内に直接取り入れる食品に限らず、スキンケア商品や衣料品までも需要が広がっています。人間の体は本来自然から生まれたものなので、自然のものを選んで取り入れることで健康にも良い循環をもたらし、環境や自然保護にも繋がります。

時間や情報に追われないゆっくりとした生活を楽しむスローライフ

仕事や生活の時間に追われ、多忙を極める人も多い世の中で、時間を気にせずに丁寧な暮らしを実践する“スローライフ”にも注目が集まっています。“スローライフ”とは、時間を気にせずにゆっくりとした暮らしを楽しむことを指し、必ずしも“田舎暮らし”を意味している訳ではない点は理解しておきましょう。「暮らしの環境」と「価値観」がそろっていれば、様々な事情で田舎移住が難しい人でも、いつでもスローライフを実践することができます。

理想のライフスタイルの見つけ方


ここまで様々な形のライフスタイルについて紹介してきましたが、あなたが望む理想の生活スタイルに近いものはありましたか?まだいまいちピンと来ていない、、という方も安心してください。ライフスタイルは衣・食・住だけを単純に指すものではなく、その人の価値観なども深く関わってきます。簡単に見つけられなくても不思議はありません。
自分の望むライフスタイルがまだ見つかっていない方は、以下で紹介するプロセスをぜひ実践してみてください。

1.今の自分を把握する

まずは今の生き方を振り返り、自分の状況・心情について把握するようにします。最初に考えるべきなのは、今の暮らしに満足しているのか、不満なのか、不満は何が原因なのか、ということです。仕事・生活スタイル・住む場所・家族との関係・友達との関係・お金・心の状況・外見(どんな洋服を着たいかなど)について、具体的に書き出していくと整理がしやすくなります。

不満を感じている場合は、何が原因なのかをさらに考えます。今満足していない点を考えることで、理想の生き方が想像しやすくなるでしょう。

2.ストレスを感じているか確認する

現状に不満を抱いているポイントや、満足できている点について整理できたら、それが”ストレス”となっていないかを確認します。ここで重要なのは、一見プラスに受け止めていることでも、実はストレスになっていないか?を確認することです。分かりやすくマイナスな点はストレス要因として自覚しやすいですが、人がストレスを受ける場面は必ずしも本人がマイナスな自覚を持っている時に限りません。小さなストレス要因も見落とさないよう、日常の生活を丁寧に振り返ると良いでしょう。

3.理想の生き方を思い描く

現状が把握できたら、将来実現したい生き方を書き出します。どうしたら満足度が上がり、不満が解消されるのかを考えるとイメージがわきやすいでしょう。ゼロから考えることが難しければ、憧れの生き方を実践している人をSNSやブログで探す方法も有効です。「どんな生活や時間の使い方をしているのか」「どんな判断基準で物事を決めているのか」「何を一番大切にして毎日を送っているのか」まで深堀できると、さらに具体性が高まります。ぜひ、ワクワクできる将来・生き方を見つけてください。

4.今の自分と理想の生き方を比較する

憧れの生き方が見つかったら、自分に当てはめて具体的に想像してみます。ワクワクして心地よさを感じるならば、それはあなたに合ったライフスタイルかもしれません。
一方で、なにか懸念が見つかったり、新たなストレスが生まれそうと思うなら、そのライフスタイルは合っていない可能性があります。改めて不安な点を考え、憧れの生き方を考えるステップに戻りましょう。

5.できるところから生活に取り入れる

理想の生き方をいきなり実現するのは、ほとんどの人にとって不可能といっても過言ではありません。実現するためには何かしらの変化を起こしたり、そこに向けて努力が必要になります。将来の自分の生活は、今日の自分の行いの延長にあります。まずは理想の生き方に近づくために今できることを探し、今日できることを生活に取り入れることから始めてみましょう。

6.定期的に理想の生き方を見直す

人は置かれた状況や環境によって考え方も変わります。自分のライフステージやその時の環境によって目指すモノが大きく変わっている可能性があり、理想の生き方を定期的にアップデートすることも大切です。理想の生き方を見直したタイミングで、もしその時点では考えに変化が無かったとしても、いま自分はどの段階にいるのか?など、ライフステージの変化や成長を確認できる良い機会となるでしょう。

理想のライフスタイルを実現するために意識したいこと


理想のライフスタイルが見つかったら、それを実現するために毎日を過ごすことになります。求めるゴールによりますが、何かしら日常に変化をもたらすか正しい方向で努力を積み重ねるしか、理想にたどり着く近道はありません。実践するにあたりおさえておきたいポイントを、いくつか紹介します。

大切にすることの優先順位をつける

今の生活を守りながら、前向きで大きな変化を起こそうとすると、体力面・精神面・経済面で無理が生じてしまいがちです。自分のキャパを超えて全てを一気にこなすことは不可能なので、優先順位を決めて取り組んでいきましょう。真面目で完璧主義な人ほど、全てを完璧にこなしたい一心で無理をしてしまう状況に陥りやすい傾向があります。それはとても立派な心意気ですが、小さな挫折をきっかけに一気に崩れてしまうリスクも孕んでいるため注意が必要です。明確に優先順位をつけ、自分にできる範囲で計画を立てて取り組むことを意識しましょう。

逆算思考を持つ

逆算思考とはゴールと期限を定め、そこから実現するための手順を洗い出し、実行していく考え方です。トップアスリートや著名な経営者など、各方面で活躍している成功者の多くが、逆算思考に則って成果を出しています。どれだけ精神力が強い人でも、終わりの見えないことはどこかでモチベーションが下がってしまったり、やる気に波が生まれてしまいます。最終的な目標から逆算して小さな目標に落とし込み、期間を決めて取り組む癖をつけられると実現が近づくでしょう。

新しいことにチャレンジする

今の生活と理想の生活にギャップがあるなら、勇気をもって何か新しいことにチャレンジしてみましょう。人間は本能的に安定・安心を求める生き物なので、何かを始めることに抵抗がある方も少なくないはず。しかし、大きな決断をくだすことは誰でも難しいかもしれませんが、小さな選択を日常から積み重ねていくことはできるはずです。些細な変化でも、毎日積み重ねていくと、1週間後、1か月後、1年後には大きな環境変化や自分自身の変化を生むことができるでしょう。

向上心を持ち続ける

目的を実現するためには、行動し続ける気持ち=向上心を持ち続けることが重要で、しかし難しい課題です。人にはモチベーションの波があって当然なので、それを維持するための工夫が必要になります。自分のできる範囲でも、毎日続けたという小さな成功体験を積み重ねていく、など、自分なりにモチベーションを保てる方法を把握しておくと良いでしょう。

周囲に対して感謝の気持ちを持つ

人生を楽しそうに過ごしている人は、周囲の人間との関係が良好だったり、自分が何かあった時に相談できる仲間がいます。そして、その人たちへの感謝の気持ちをいつも忘れていません。私たちの心と生活の充実は、自分一人で完結させることは不可能です。インターネットが発達し、直接の関わりではなかったり、目には見えなくても、誰かが何かしらの形で私たちの人生に関わっています。

相手を尊重する言葉や行動ができる人は、感謝の気持ちが伝わるからかこそ、近くにいると周りの人がその人に好感を持つことになります。周囲から愛される人は、その人自身の幸福度も高いことは言うまでもありません。

合わせて読みたい記事

派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
紹介予定派遣とは?派遣との違いやメリット・デメリットを解説!
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
40代の派遣は厳しい?早く仕事を決めるポイントや就職時の注意点を解説!
派遣を考えている方向けのコラム
派遣を考えている方向けのコラム
おすすめの短期アルバイト22選!仕事内容からバイト時の注意点まで紹介